livedoor Blog
(ブログ) ビジネス・経済(総合) - ビジネス・経済  ]        
livedoorlivedoor ホーム

感覚政治はいらない!与党VS野党 絶対反対でなく対案を!:アフィリエイト+ビジネス情報ブログ

この記事は『感覚政治はいらない!与党VS野党 絶対反対でなく対案を!』についての記事です


トップページ > 私はこう思う > 感覚政治はいらない!与党VS野党 絶対反対でなく対案を!

無料レポート期間限定(300部限定配布中!)

 このレポートは、楽天アフィリエイトを中心に活動されている方、
  初心者の方向けに書いたものです。

  私は楽天をブログで商品を紹介する際、
  必ずある方法で商品を選定して紹介しています。

  ブログから楽天の商品が全然売れないなんて考えられません。
  
  あなたが、このレポー全く稼げない?から卒業出来る事を主眼に
  公開しています。
  
  稼ぎたい方のみ下記より請求して下さい。

※この無料レポートをダウンロードされた場合、しん sinn(メールマガジンの発行者)に よってメールマガジン「マガジンID:0000240809  考える時間を作ろう(創ろう)」に代理登録されます。(メールマガジンは「まぐまぐ!」のシステムを利 用して配信されます。)登録されたメールマガジンは以下のページから解除することができます。 http://www.mag2.com/m/0000240809.html なお、「まぐまぐ!」が発行している公式メールマガジンには登録されません。



2014年11月19日

感覚政治はいらない!与党VS野党 絶対反対でなく対案を!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
kouttkai_400














助けてください...【与党VS野党】妙案が思いつきません!税収を上げつつ国民生活が劇的に良くなって即効性のある方法が見つからないです。

その前に・・・
そもそも反対という言葉がしっくりこない。衆議院の解散総選挙反対、税金が無駄遣いという意見がありますが、これが民主主義です。

多数派が国の運命を決めるのは、民主主義なので辺り前。国の方針を決めたのは国会議員。その議員を選んだのは国民。つまり国民が国を動かしています。もしも気に入らなければ、NOを言えば良い。そのNOを意思表示できるのが選挙。

国会議員とはいえ、国民の代表です。落ちればタダの人とはよく言ったものです。議員の中に良い政治をしてくれる人がいないなら、自分や推薦者を立てて立候補するのもあり。自由なのが民主主義です。

資金の工面の必要はありますが、それ相応の人物なら、応援してくれる人がすでに集まっているはずです。今回の総選挙も法律に基づいて、権利を行使されているだけです。気に入らなければ、変えればいいだけ・・・。そのチャンスが、まさしく選挙という行動。Yes,Noの意思表示ができるわけですから。独裁国家だとこれができないから、とても素晴らしいじゃないですか!


野党へお願い!景気が良くなるという対案を出して欲しい。 


反対ならサルでもできる!? ところで、野党はいつも『反対野党』のイメージがあります。ぜひやって頂きたいのが与党が出した法案に対抗してほしい。

与党の出す法案以上の納得がいくものが出せるのであれば、早く対案を出して欲しい。

それを待ち続けて、待ちくたびれています。出しているよというなら、もっと分かりやすアピールして欲しい。反対と叫ぶだけなら、誰でもできる! 対案は必須でしょう。反対意見だけなんて小学生でもできます。野党は与党の案に追加して、さらに良い法案にしても良いのですが...そこで野党の存在意義は大幅にアップするはず!

「最近の野党は良い仕事するな!」
「やるじゃん野党!」

そういう素晴らしい声がもっともっと聞きたいし、言いたいのですが...


分厚い報告書は必要ありません。


なんとかミックスが失敗というなら、どうすれば良かったのか? その具体的な道筋を出して国民に分かりやすく説明して欲しい。分厚い報告書で煙に巻かれたくない想いがあるからです。数年前、政権が変わり沖縄の基地問題がぐちゃぐちゃになり、震災で起きたあの対応が...

国民も忙しいので分厚い書類は必要ありません。わかりやすいことばで補足して欲しい。資料なんてホームページにまとめるなり、県、市、新聞社にも渡せば、わずか1日で日本中に行き渡ります。ポイントをA4数ページのまとめ、補足が必要なら国民に向けて訴えれば良い。テレビもあります。そんなことを、まだ世界のどこを探してもやているところないのでは?世界一めざした政治に期待大!


本当は父や母親、おじいちゃん、おばあちゃん世代のおかげだと思う


とはいえ・・・政治に全て押しつけるのは酷。経済活動の妨げをしないようにしてくれるだけで良い。あとは日本国民を信頼して任せれば良いのでは? 日本中の働く国民が全員、必死になって海外に負けないものを作りますから!

究極論かもしれませんが、政治で本当に経済が良くなった国ってあるのですか? 

もしあるというなら、具体的にデーターを出して説明して欲しい。日本が復興したのも、国民、技術者、パート、サラリーマンの方々が必死になって、いまでいうブラックな企業で寝食を忘れて新しいものを作り出してくれたからではないのか? 町工場で女性が起用に部品を組み立てて、物作りをしてくれたからでは? 国が日本を豊かにしたのではなく、国民が頑張ったからだと思うのです。もう一度、昭和20〜40年代を顧みて反省すべき点は直したい。


国の役割


国は医療や仕事や生活がしやすいような法案を作ってくれ、公務員は様々な運営を円滑に行える様に働いてくれています。国と言うよりも地方も含めて。

警察があるから治安が守られ、学校があるから教育が一定水準で受けられます。図書館も活用次第では、とても勉強ができる場所。国がなければ、犬や猿さんと同じように、おそらく大変なことになるでしょうね。恐ろしくておちおち寝てもいられないでしょう。国や県、市の行政サービスは絶対に必要です。いや、わかりきっていることですが、必要無いという人がいるのにびっくり。


不満や批判は、すっきりアイデアに変えよう!


私は楽天家かもしれませんが・・・対案や改善点、アイデアがあれば、ぜひ各サービスを提供しているところへ提案して欲しい。ぜひ助けて欲しい。ちなみに私も自分の市や他の市へ提案したことがあります。採用、不採用はどうでも良いです。まずは動くのが大事かと。

それらを踏まえた上で、私は自分の父や母の世代、おじいちゃん、おばあちゃん世代を尊敬します。『お年寄り』こそ、この国をここまでしてくれた素晴らしい人達だと思います。命をかけて国を守ってくれた人々に感謝。

国が不景気になったのは政治のせい?それとも公務員がサボっているから?


国が潤わないのは、経済が上手く循環していないというけれど・・・


本気で経済を良くしようと思ったら、まずは海外より良い製品を作ったり、やすいだけの商品に目を向けないような企業努力も必要だと思います。それをするのが私達国民の仕事。

でもこれがかなりキツイ。良い物を開発するのは、相当な苦労が必要です。努力という文字では言い表せないくらい。海外に負けたら国は潤わないので、それ以上に開発しないと。

売る方法もさらに洗練していく必要があります。技術だけではないですね。アイフォンクラスの技術は、日本でも世界に先駆けてできていたはず。残念ですが、まだまだこれから巻き返せる!それだけの技術者がまだまだいるはず。応援したいし、自分も役に立ちたい!
 

野党に期待! 批判するなら対案は絶対に必要


政府の対策が悪ければ、どこが、どう悪いのか?
もしその政策を野党の政策に変えていたら、どこが、どんなように良くなり、景気は○%良くなったのか? 

それを具体的に分かる様に示して欲しい。

具体的な政策を箇条書きでまずは書いて、小学生の高学年にも分かるように説明して欲しい。池上彰さんのように分かりやすく解説して欲しい。

例えば電力問題
○○絶対反対!で終わらせないで!


○○絶対反対!
その代わり、我々はこれらの方法で、電力を安く・安定供給します。もしそれができないなら、○○円くらい高くなります。それでも良いですか?と国民へ投げかけて欲しい。その具体的な対案が知りたい。

以下の方法で、それを実現します。
1、
2、
3、

上記の方法を達成するための予算は○○で、実現するまでの期間は○○
という具体的な方法を提示してくれないと、とても心配です。

反対だけ言われても、もう信じません。
ぐちゃぐちゃになったあれ、思い出しますから。

あれ

最低でも県外移設とか、適当に提案するのだけは止めて欲しい。
すでに決定していたのに、県民の人に期待を持たせて、結局は・・・このままじゃまた何十年も危険なままじゃないですか!

安全性を重視すなら、まず移動させてから議論した方が早いと思う。それで終わらせないように、対案をこちらも専門家を集めて国に提案していく必要はありそうです。

あ!それ、野党にぜひやってもらいたい。政府が移設という案なので、野党には、絶対に県外移設できるプランを政府に提出して欲しい。移設先の関係自治体の許可を取り付けて提案すれば、国も採用するのでは?

具体的にすでに実現可能なプランがあって、おおよそ実現できるところまで詰めてから、その方法を提示してもらいたい。夢物語破れる・・・ってアニメやドラマじゃないので。

そういうプラン作りに、公務員、特に優秀な官僚がいるのだから、あの人達の優秀な頭脳を借りてぜひ、その辺りまで具体的なものを国民に提示して欲しい。その上で国民投票が必要なら参加したい。

もし経済再生案、玉虫色の妙案があれば、ぜひ、すぐに実現して欲しいものです...

関連記事
格差社会もおおいに結構!

公務員はサボっている?  




 
Posted by aaa_mall at 2014年11月19日│13:01

私はこう思うEdit
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック