livedoor Blog
(ブログ) ビジネス・経済(総合) - ビジネス・経済  ]        
livedoorlivedoor ホーム

Frontier Affiliate 詳細 レビュー 1:アフィリエイト+ビジネス情報ブログ

この記事は『Frontier Affiliate 詳細 レビュー 1』についての記事です


トップページ > 情報商材:Frontier Affiliate > Frontier Affiliate 詳細 レビュー 1

無料レポート期間限定(300部限定配布中!)

 このレポートは、楽天アフィリエイトを中心に活動されている方、
  初心者の方向けに書いたものです。

  私は楽天をブログで商品を紹介する際、
  必ずある方法で商品を選定して紹介しています。

  ブログから楽天の商品が全然売れないなんて考えられません。
  
  あなたが、このレポー全く稼げない?から卒業出来る事を主眼に
  公開しています。
  
  稼ぎたい方のみ下記より請求して下さい。

※この無料レポートをダウンロードされた場合、しん sinn(メールマガジンの発行者)に よってメールマガジン「マガジンID:0000240809  考える時間を作ろう(創ろう)」に代理登録されます。(メールマガジンは「まぐまぐ!」のシステムを利 用して配信されます。)登録されたメールマガジンは以下のページから解除することができます。 http://www.mag2.com/m/0000240809.html なお、「まぐまぐ!」が発行している公式メールマガジンには登録されません。



2010年05月17日

Frontier Affiliate 詳細 レビュー 1

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

Frontier Affiliate 詳細 レビュー 1
■はじまりはいつも突然に

  


Frontier Affiliate


■はじまりはいつも突然に



「 どうして私が、書こうと思ったのか?」


いわば、私の信条であり

その目的を3つお話することにします。




まず、1つ目



ノウハウや知識を持っている人はたくさんいますが、
それを実践させるための環境を、
まず持ってもらうことが必要だと思っているため。



2つ目


稼ぐために必要なものは、
すべて自分でやらないといけないと思っている人が、
あまりに多く、その誤解を少しずつ消していきたい。



そして最後の3つ目


誰にでも、「これならできる」
という小さな成果と結果を、大切にしてもらうため、
そのために必要なモノを、少しずつ伝えていきたい。



そして最終の目的…の前に。







ある人がいいました。
「 稼げないんです。」




「 ほんとに?」




安心して下さい。




■ アフィリエイト初心者でも


確実に結果の出る仕組みを、紹介させて頂きます。 
 
        


【 商材をアフィリエイトしているあなたへ 】


読者のためになるなら、
おもいっきり紹介してもいいんじゃないでしょうか?









自分の未来を変えたいと思っている方にのみ、
アフィリエイトで稼ぐための仕組みで、
稼いでいる人が使っているものを、解説します。





【無料コンテンツ】


無料レポートがその代表になりますが、
自分がまとめたサイトや、メルマガを編集して、
パッケージにして、それを請求させること。
       


単純にレポートスタンドに置いて、
終わり、ではなくてその後の戦略が大切になります。

       

あなたがたいしたことない、と思っていることでも、
まとめ直すだけで、読みやすく、
聴きやすくなるものは多くあります。
       



ただし無料で配る理由をしっかりと読み手に伝え、
それから読み手にどうなってもらいたいのか?
       


「 そしてあなたはどうなりたいのか?」



ここをしっかりと明言する必要があります。



そうすることで不要な人に無理に請求させることなく、
スムーズにあなたのコンテンツを、広めることができます。



「 あなたが読む目的は?」
       





ここまでよろしいでしょうか?



意味が分からない人は、
分かるまで何度も読み返して下さい。







では、次、行きます。



       


【スクイーズページ】



主に無料レポートなどを請求させるための、
説明するページのことをいいいます。
       



1ページに簡潔な情報を盛りこむことで、
見こみ客を、絞るという意味合いでスクイーズと呼びます。
       


ネット上でなんらかのオファーをかけるときは、
通常ほとんどがこのページから始まるので、
成約率や、売上を少しでも伸ばしたい場合は、
必ず取り入れてほしい仕組みであり、持ちたいページになります。
       


わずか1〜2ページに情報を詰め、
欲しい人だけに請求させ、
そこからオファーをかけていきます。

       



「 ここまでよろしいでしょうか?」


       

では次行きます。







【ステップメール】
       


商品を売るために、さまざまな角度から
順に追って送られてくるメールのことです。
       


いきなり商品を勧めるのではなく、
読者さんと一対一の場を作り出し、
密な情報やコンテンツを読んでもらった上で、
商品を購入してもらうこと。
       



初心者の頃は、まずどういう内容を書くか?
よりも、まずは複数にわたって読者さんと
何度も交流を持つことで、自分を信用してもらうことです。
       


そしてその回は、


『どうしてその内容を書こうと思ったのか?』


を、自分の心の中で軽く答えられればOKです。

       


次です。




【ブログのアクセスアップ】


ブログを立ち上げただけでは、
アクセスは集まらないですよね?。
       


これは、たとえば、近所に寿司屋が開店オープンしたけど、
お客様が来なくてガラガラの状態です。




1つの商品を売ろうと思ったときは、
基本的に1つのサイトに情報をまとめて、
必ずページの最後には、商品の
クロージング(売り込み)をするページに誘導します。
       


前に書いたスクイーズページに誘導し、
サイトからさらに興味の深い属性を探りながら、
欲求の度合いを見つつ、サイトのアクセスを拾います。
       


たとえ200文字程度のコンテンツ(情報・内容)であっても、
しっかりとまとめてあれば、それは立派なコンテンツになります。
       


そしていろいろなキーワードで、
検索に引っかかってくるようになり、
商品が売れ、賑わってくるイメージですね。
       


このあたりでツールを併用すると、
1サイトで数万円の売上をあげることも可能になってきます。



pingツール、アクセスアップツールとか。
足跡ペタツールとか。

       



以上4つが、稼ぐための基本であり、
本当に稼いでいる人は、自然とこの仕組みを使っています。
       




ここは非常に重要な内容ですので、
理解出来るまで、何度も読み返して下さい。



ここを、中途半端に理解したつもりの人は、
いつまでも稼げないだけです。





稼いでもらいたいから、
ちゃんと理解出来るまで、読み返して下さい。






稼いでいる人は、あの4つの中で、
必ずどれかが秀でているか、
時間や分析が特化されています。



それが【稼ぐ目的の明確化】です。

       


稼ぐという目的が曖昧なままだと、
あなた自身の人生の目的すら、
あやふやになってしまいます。
       


自分のことを理解できないから、
人のこと、商品のことが理解できないので、


「相手のシグナルに、気がつくことができないんです」
       



ここで少し、相手の違和感に気がつけなかった
”ある人”の愚かな過去のお話をします。
       
       

       
・ ・ ・ ・
       
       
       

その方が今でも鮮明に覚えている
とても印象的で、かつ寂しいお話です…。



・ ・ ・ ・



■ 本詠みのサキ



「きーん、こーん、かーん、こーん」


中学生の夏、補習の授業が終わるタイムが鳴り、
僕はたまたま、補習友達が風邪で休んでいたときに、
ちょっと前日に親とケンカしたこともあって、
たまには木の下で、まったりしようかなと考えていました。
       


グラウンドの近くには、大きな木があり、
昼休みにはそこでお弁当を食べる人が、
たくさんいて、賑わっている場所です。
       


でも今日は、補習だったので、
もちろん誰もいない、特等席…だと思っていたら。
       
       

先客がいたんです。
       


まるで国語の教科書から、
そのまま出てきたような、
うっすらとしたレンズの眼鏡をかけた、
短く切った黒髪がよく似合う可愛い少女でした。

       

僕がまるでそこにいないかのように、
ただ黙々と、一人で木の下にちょこんと座り
難しそうな本を読んでいました。






■ 名前…


「名前はなんて言うの?」


「サキ…」


小さな声で一言だけ、
でもなぜか、そのそっけない答えが、
僕の子供心に、恋の信号を灯したんです。
       


ちょっと押せば、風が吹いて消えてしまいそうな、
儚い表情で、いつもグラウンドの隅っこにある、
大きな木の下で、太陽と一緒に本を読んでいたんです。

       

「ここは落ち着くね」


「そう、ね」
       


ほとんど口を開かなかったサキは、
僕が言った言葉に、確かに反応したんです。
       
       

ほんの数秒の間、僕の時間は止まり、
彼女の空間に、僕が入りこんだように。

風の音だけが聞こえてきました。
       


そうして僕は、風の聞こえる木の下に、
日に日に通うようになっていきました。
       


補習前の朝、補習あとの昼休み、夕方、

もちろんいつも彼女に会えたわけではありませんが、
そこにサキがいると、僕は本当に、ほっとしました。
       


彼女は最初、あまり笑うことがなく、
僕が聖域を荒らしてしまったせいかな?

と、思っていたんですが、緊張していたようです。
       


僕はドキドキしていましたし、
さらりと長い黒髪が風に揺れて、
時おり静かな声で、朗読してくれるんです。


『白鳥は 哀しからずや 空の青
  海のあをにも 染まずただよふ』



・  ・   ・   ・

       


■ それが…


彼女はその言葉を最後に、
あの木の下に、姿を見せることはなくなりました。
       

後で知ったのですが、彼女は当時の医療では
治ることのない病にかかっていたということを。
       


僕とサキが仲よさげに話している姿を、
たまたま確認した、サキの母親が
涙ながらに教えてくれました。



「サキは、あなたと会えてよかったって…」


「サキと遊んだこと、いつかまた、思い出してほし…」



最後の言葉を聞くよりも先に、
僕はただ、あの木に向かって走り出していました。
       


そして…ゆっくりと木にもたりかかり、
あの大きな木の下で、一人で涙を流しました。



「サキちゃん…ありがとう」



僕の隣には、サキはもう現れることはありません。

もう僕の隣で、ぎこちない笑顔で笑ってはくれません…。



僕はただ、泣きました。

大きな木の下で、一晩中涙を流しました。


「僕にできたことは…もっとあったはずなのに!!!!!!」


「バカやろう…僕のバカやろう…」



胸がぽっかりとあいて、何も考えられなくなって。






■ 残された言葉



ただ一人、この歌を詠みました。



『白鳥は 哀しからずや 空の青

  海のあをにも 染まずただよふ』



サキは自分の命が長くないことを、
きっと、知っていたんだと思います。


何か一言だけでも、サキに残してあげていれば…


僕に必要なのは、勇気でした。

小さな小さな違和感に気がつける、気遣いでした。



でもそのときの僕には…


それが、できなかったんです…。




・  ・  ・  ・




何十文字にこめられた想いを知るのに、
私は数年間、ずっと考えてきました。


あなたは、どうして

稼ぎたいのか真剣に考えたことはありますか?



自分の生きている目的を、
誰にも明かさずに、人生を終わらせてしまいますか?


私はもう、サキのように
失う辛さを、味わいたくありません!!


だから、全力であなたにメールを書いています。





これはある人の話です。





でも、


「 あなたの身近にもいるんじゃないでしょうか?」




私のごく身近にもいます。



体育の時、倒れた・・・私の妻


その妻と同じ病の友人が亡くなったこと。


駐車場で倒れたわずか3日で亡くなった妻の父




家族に、いませんか?


友人に?



会社に?





人生ってみんな、いろいろあるんじゃないでしょうか?





メールいつでもお待ちしています。


連絡先メールアドレス
http://cs-x.net/aaa_mail/c/02844.html




いつも、たくさんのメール
有り難うございます。






■編集後記(PS.)


あなたがいつも何を考えて、
ブログで楽天の記事を書いていますか?



稼ぐためにの手順を、理解していますか?



私がアフィリエイトを始めた時なんて、
作業手順を覚えるだけで精一杯でした。




あまりにやることが多すぎます。





正直、もう辞めようかと考えたときもありました。



そんなとき、私を支えてくれたのは、

未来の意外な自分の姿でした。






次回予告:Frontier Affiliate 詳細 レビューその2







 
Posted by aaa_mall at 2010年05月17日│21:00

情報商材:Frontier AffiliateEdit
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック