livedoor Blog
(ブログ) ビジネス・経済(総合) - ビジネス・経済  ]        
livedoorlivedoor ホーム

これを知らずに天体観測をはじめるつもりですか?:アフィリエイト+ビジネス情報ブログ

この記事は『これを知らずに天体観測をはじめるつもりですか?』についての記事です


トップページ > 過去のメルマガ > これを知らずに天体観測をはじめるつもりですか?

無料レポート期間限定(300部限定配布中!)

 このレポートは、楽天アフィリエイトを中心に活動されている方、
  初心者の方向けに書いたものです。

  私は楽天をブログで商品を紹介する際、
  必ずある方法で商品を選定して紹介しています。

  ブログから楽天の商品が全然売れないなんて考えられません。
  
  あなたが、このレポー全く稼げない?から卒業出来る事を主眼に
  公開しています。
  
  稼ぎたい方のみ下記より請求して下さい。

※この無料レポートをダウンロードされた場合、しん sinn(メールマガジンの発行者)に よってメールマガジン「マガジンID:0000240809  考える時間を作ろう(創ろう)」に代理登録されます。(メールマガジンは「まぐまぐ!」のシステムを利 用して配信されます。)登録されたメールマガジンは以下のページから解除することができます。 http://www.mag2.com/m/0000240809.html なお、「まぐまぐ!」が発行している公式メールマガジンには登録されません。



2007年11月28日

これを知らずに天体観測をはじめるつもりですか?

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
考える時間を作ろう(創ろう)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
***第8号***


これを知らずに天体観測をはじめるつもりですか?


天空には、満天の星空が有るはずです。

あなたなら、どうしますか?

************************************
発行者のしん sinn です。
天空には、満天の星空が有るはずです。
あなたなら、どうしますか?
都会から離れて、静かな田舎で満天の星空を見るのは、格別です。


たまには、いいですね。

でも、そんなにいつも行くのは、大変です。
都会でも、月や太陽系の惑星なら何とか、肉眼で見られるものも有りますね。
金星・木星等
でも、星雲はどうですか?
オリオン座の大星雲は、見ることが出来ますか?
え?みれない?


相当な都会ですね。


でも安心してください。


世の中は、確実に進歩しています。

カメラの進化で、驚くべきことに、都会でも見られるようになりました。
ただし、普通のデジカメでは残念ですが、困難です。


そのカメラとは、冷却CCDカメラというものです。


普通のカメラとの違いは、

1、基本的にパソコンと接続して使う
2、基本的には、天体望遠鏡と接続して使う。
3、CCDがマイナス20度くらい、または、それ以上に冷却されている。


これが冷却CCDカメラの由来でしょう。

そのまんまです。
これを使えば、たとえ、東京や名古屋の公害のひどいところでも
天体観測が可能となります。


残念ながら、満天の星を、一度に見ることは出来ません。


でも、なぜ光害のひどい都会でも見られるかというと

通常のデジカメだと、8ビット、12ビットに光のデーターが変換されるところが、
16ビットで変換されます。


これは、何が違うかというと、

通常は外の明かりに埋もれてしまうような、光のデーターを
16ビット、65536階調の中から、選択して、
通常私たちがテレビやパソコンの画面で見ている256階調分のデーターを抜き出せる
と言うことです。


もし、8ビットだと

光害で200階調がライト等の明かりだと天体の淡い光なんて、ほとんど取り出せなくなり
ます。


ところが、65536階調も有ると、余裕でデーターが取り出せます。


しかも、通常のデジカメよりも、

マイナス20度という低温でCCDを冷却することから、
長時間撮像(冷却CCDでは撮影とは言わないらしい)しても、
ノイズが極めて低くおさえられることから、
そんじょそこらのデジカメより、きれいにとれると言うことです。


これには、もう一つ秘密があり、

今やデジカメは1000万画素が当たり前なのに、


まだまだ30万画素、100万画素が現役なのです。

これは、CCDの一個あたりの画素サイズが極めて大きいため、光を蓄える容量が大きいと
言うことです。
さらに詳しく知りたい人は、冷却CCDで検索してみてください。
一つだけビットランというところを紹介します。

ビットラン株式会社 http://www.bitran.co.jp/index.html
画像      http://www.bitran.co.jp/ccd/astro/bj/photo.htm


■編集後記
一年で、何回も、流星、流れ星が見られる時期があります。
ペルセウス座流星群8/12〜8/13にみられます。
多いとき、条件が良いと、一時間に50個位見られるときもあります。
みなさんも、夜空を見る余裕もお持ちでしたら、是非、天空と語ってください。
べつに、一人で見なくても・・・


アフィリエイトなるものをやっています。
何故かというと、
自分の時間、考える時間が欲しいからです。

朝は、7時過ぎから、夜7時〜7時30分頃まで仕事に拘束されます。
昼休みも結構仕事してます。
このまま、年老いたくない・・・
私なんかより、夜中近くまで拘束される人が山ほどいるようですね・・・


■ここに掲載している事実は、真実ではない可能性があります。
情報は、最後はご自分で、正しいか、正確か?お調べ下さい。
そして、ご自分の観点で今一度考えることをお勧めいたします。

私のブログ

http://blog.aaa-mall.com/

  




 
Posted by aaa_mall at 2007年11月28日│04:59

過去のメルマガEdit
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック